株式会社EcoPorkの開発ブログ

養豚のデータカンパニーの技術のブログ

業務をする上で大切にしている考え方

Eco-Porkは社内のルールやカルチャーなどの整備を現在すすめているところで、会社の行動指針も策定しています。が、開発チームとしての私が普段業務をするうえで大事にしていることを記事にしてみました。

この記事から、開発現場の雰囲気を感じ取っていただければと思います。この通りに常に行動できているわけではないので、「〇〇しよう」と自分達へのメッセージにしました。偉そうに読めてしまったらすみません。。

これらの考え方は、我々のオリジナルではありません。言語化は自分で行いましたが、スタートアップとしては一般的なものだと思います。色々な書籍や過去に一緒に働いてきた方々からの影響です。


早すぎる最適化はやめて、ユーザにみてもらおう

残念なことですが、オフィスで考えたものはだいたい何か間違っています。私も今まで使われない機能や、プロダクトをたくさんつくってきました。使われないかもしれないものを最適化するより、ユーザーさんに提示してフィードバックを受けましょう。
ただ、解の精度が低いことが原因でユーザーさんに見向きもされないこともあるでしょう。その作り込みのバランスは難しいですが、ほとんどの場合作りすぎです。
50点の解にはすぐに到達できるとして、その解の正確性を10点上げることにどれだけコストがかかって、どれだけ意味があるのかは意識しましょう。解の精度を上げるよりも、その問いが正しいことのほうが大事です。早めにユーザーに問いましょう。Ship it!

 

何が起こっているかを把握しよう

素早くユーザーに提供できたとして、それを評価できなけば意味がありません。あらゆる手段でどういう評価なのかは把握する仕組みを事前に用意しておきましょう(最適化しすぎないように)。計測できないことは評価できずPDCAを回せません。計測できるようにし、計測したらその結果から次のアクションを判断しましょう。


問いにフォーカスをしよう

中の人(社員)は、問いを常に考えましょう。的を得た良い問いがあれば、解は協力会社さんなど外部の人々の力を借りることができます。もちろん中の人も解を考えますが、問いが正しいのかを疑って、正しい方向に改善できるのは中の人だけです。


他人の結論が理解てきないときはだいたい前提の情報が違うから

他人の結論が理解できないときは、持ってる情報が違うことが原因なことが多いです。前提の情報が違うと、同じ結論には到底達することができません。理解できないときは、他人に情報を開示して、他人の情報を傾聴しましょう。ただ、情報に感情も乗るので、その人がなぜその情報に重みがついているのか、自分がなぜその情報を大事にしているのか知ることも大事です。「心理的安全性」を意識して建設的な議論をしましょう。


業務で直面した問題にはすでに解がある

資本主義が高度に発展しているので、業務中に直面するペインはだいたいビジネスになっています。(世の中には、養豚専門のSaaSまであります!競合もいます!)もしビジネスになっていなくても、書籍やブログ記事があります。自分の目の前の問題が、世界で最初に遭遇した問題であることはまずないです。問題の対応は悩んだり考えるより、探しましょう。たくさんの対応策がみつかると思うので、考えるべきことは、その中でどれを選択するかです。


キャチアップし続けよう

たくさんの業務で使えるメソッドやツールが世の中に生まれては消えていますが、現時点で主流になっている人々に揉まれている方法論を探すことは手間のかかる作業です。書籍やソーシャルメディアやFeed readerなどを使って日常的に情報を収集しましょう。エッジにいる人たちがどういう働き方をしていて、どういうメソッドが話題なっているのかを、横目でみておきましょう。明確なアウトプットの予定のないインプットが必要になることは"たまに"あります。自分の生産性が世間より低くなってしまわないような習慣をつけましょう。


以上となりますが、いかがでしょうか?共感するところが少しでもあってくれれば嬉しいです。これは、あくまで2021年7月現在の考えで、最終解とは思っていません。チームメンバーのなかで働き方や生産性を議論して、アップデートしていきたいと思っています。

Eco-Porkでは、議論をしながらよりよい開発チームを目指すエンジニアを募集しています!少しでも興味を持っていただけましたら、カジュアルかたちでもお話できますので、お気軽のお問い合わせください。

 

 

心理的安全性と働きがいのある職場

ブログの第2弾です。技術の話といきたいところですが、カルチャーの話で「心理的安全性」についての書いていこうと思います。


Eco−Porkがグーグルのアクセラレータプログラムに参加させていただいたからか、メンバーとの雑談の中で「心理的安全性」という言葉でてくるようになってきました。

 

www.eco-pork.com



ソフトウエアエンジニアとしては、「心理的安全性」は、様々なブログや書籍で非常によく目にする考え方ですが、ビジネスサイドの方々にも広まってきているようです。

もし、心理的安全性に馴染みのない方は、是非このスライドを読んでいただきたいです。これは、心理的安全性の考え方だけでなく、OKR、HRT(謙虚・尊敬・信頼)などとの関係も深堀りしていて、素晴らしい資料です。一読されることをおすすめします。

 

www.slideshare.net

 

私が、「心理的安全性」という言葉を初めて聞いたときは、あまりよい印象ではありませんでした。エンジニアが自分の立場を有利に(ストレスフリーに)するための考え方だと思っていたからです。しかし、これは誤解でよくよく心理的安全性について学んでみると、正反対の考え方でした。

心理的安全性」世に広めたGoogleのre:workによると言葉の定義は以下です。

心理的安全性とは、対人関係においてリスクある行動を取ったときの結果に対する個人の認知の仕方、つまり、「無知、無能、ネガティブ、邪魔だと思われる可能性のある行動をしても、このチームなら大丈夫だ」と信じられるかどうかを意味します。心理的安全性の高いチームのメンバーは、他のメンバーに対してリスクを取ることに不安を感じていません。自分の過ちを認めたり、質問をしたり、新しいアイデアを披露したりしても、誰も自分を馬鹿にしたり罰したりしないと信じられる余地があります。

心理的安全性というのは、集団において正しく議論をする素地であり、状況によってはストレスがむしろかかるものだと思っています。自分が正しいと信じる質問やアイデアを発言することは、人のアイデアの反対のこともあるので、自分の発言が攻撃的であったり、ネガティブにきこないように(心理的安全性が保たてるように)することは簡単ではないからです。自分と違う意見の人を傾聴したり、自分の無知からか理解できないことに対して、なぜ違うの理解できないのかを考え、感情的に聞こえないように慎重にコメントをするというような行為だと思います。これは、とても大変な作業で「心理的安全性」という文字列から受ける印象とは大きく違うものでした。

また、私は、性格的な要素が強い性質と思っていたのですが、今は、スキルだと考えていて、社会人として身につけようと常に努力するべきものだと思っています。技術やビジネスなど様々なプロフェッショナルの人たちが建設的な議論をすることで、我々が解決しようとしている課題は乗り越えることはできません。

 

Eco-Porkでは、心理的安全性を心がけているエンジニアを募集しています!
Webエンジニアで、IoTなど他の領域を触ってみたい方、第一次産業のリアルなデータ分析をしてみたいから、データ基盤を作り方などなど、幅広く弊社では募集しています。

Eco-Porkに少しでも興味を持たれた方は、カジュアルかたちでもお話できますので、お気軽のお問い合わせください。

 

www.eco-pork.com

開発ブログはじめます


はじめまして。Eco-Porkの開発チームです。
開発ブログの第1回目は、Eco-Pork社を開発チームからの目線で紹介したいと思います。第一次産業xテクノロジーの会社は、どういうことをしているのかをイメージしていただけたらと思います。

Eco-Porkは、養豚のデータカンパニーです。一次産業の中でも養豚に特化して、IT技術をつかって豚肉のエコシステムをより良く改善していこうとしている会社です。

 

Eco−Porkのビジョンとミッション

Eco−Porkのビジョンとミッション

Eco-Pork社は、大きく2つの製品群があります。

  1. 養豚業務のデータ管理のためのWebアプリケーション
  2. データ収集・制御のために豚舎に設置するIoT

この2つは、5つの技術から成り立っています

  1. Webアプリケーション
  2. Ops的なサーバー管理(Webアプリケーションのサーバー群と、IoTからのデータの収集保存)
  3. Iot(データ収集するエッジ端末)
  4. AI(写真・データ解析等)
  5. ロボティックス(IoTとロボットと連携)

これら5つの力の入れかたなどに違いはありますが、おそらく第一次産業xテクノロジーの会社さんは、どこも同じような範囲なのではないでしょうか。
Eco-Porkの製品でも、カメラを使った製品は(4)AIのが高いですし、Webで完結する管理システムのSaaSなどは、一般的なWeb完結のSaaS企業と同様に(1)(2)が中心となります。
こうして羅列してみるとEco-Porkのエンジニアは、幅広い知識を要求されている感じがしますが、実際は内製と外部の協力会社さんの力を合わせて、プロダクト開発・運営を行っています。

私自身は、ソフトウェアエンジニアで、フロント・サーバー・インフラ周りのWebが技術的なバックグラウンドです。会社の網羅する範囲に比べて、私の把握している技術範囲は狭いですが、日々、自分のできることを増やしています。

幅の広い技術領域で養豚をテクノロジーで改善していきたいエンジニアを募集しています!
Webエンジニアで、IoTなど他の領域を触ってみたい方、第一次産業のリアルなデータ分析をしてみたいから、データ基盤を作り方などなど、幅広く弊社では募集しています。

Eco-Porkに少しでも興味を持たれた方は、カジュアルかたちでもお話できますので、お気軽のお問い合わせください。

 

 

www.eco-pork.com